2017年7月31日月曜日

植物と鳥をとりまく関係のとりどり

 
藤沢探鳥クラブ2017年度講演会
(どなたでもご参加いただけます・ 申し込み不要)

講師 立教大学・I C U・東京農工大学非常勤講師 
日本植物友の会理事 理学博士 多田 多恵子 氏



 植物と鳥は、互いの生活や繁殖において、直接的・間接的に大きく影響を及ぼし、依存しあっています。 多くの鳥が植物の実や種子を重要な食糧源としています。このとき鳥の種類によって、実や種子を破壊する破壊者となる場合と種子散布者となる場合があります。植物と種子散布者である鳥は互いに助け合う関係ですが、そこには微妙な駆け引きがあります。一度に多量に食べられず、すこしずつ何回にも分けて食べられるよう、植物はわざと苦みや渋みを実に潜ませています。わたしはこれを「ちょっとだけよの法則」と呼んでいます。植物の実が一度に熟さずにすこしずつ時間をおいて熟すのも、「ちょっとだけよ」の別戦略です。 堅い殻のナッツを貯食する鳥もいます。ヤマガラはエゴノキの種子を食べますが、一部を蓄えて散布します。
 植物と鳥の間には、他にもさまざまな関係があります。花の蜜を吸って花粉を運ぶ送粉者となる鳥もいます。アメリカ大陸に真っ赤な花が多いのは、そこに花の蜜を吸うハチドリがいたからです。
 多くの鳥は植物を食べる虫を餌として利用しています。このことは、間接的に鳥が植物の成長や繁殖を助けているということです。お返しに、植物は鳥に営巣場所や休息場所、食事場所、ねぐらを提供し、また営巣の巣材を提供しています。植物と鳥の間には、種子散布や送粉の関係だけでなく、さまざまな共生関係があるのです。
♪鳥と植物相互のしたたかな戦略を多田多恵子先生にひも解いていただきます♪

■日 時 : 2017 年9 3 日()  午前10 時30 分~ 12 時30 分 ( 開場10 時)
■会 場 : フジサワ名店ビル6 階イベントホール (藤沢市南藤沢2-1-1) 駐車場はありません
■参加費 : 資料代等200 円 
■主 催 : 藤沢探鳥クラブ  
■後 援 : 藤沢市 
■問い合わせ先 : 藤山 TEL 0466 - 25 - 1817
会場案内図        
*フジサワ名店ビルの開館時間は10 時です。早くお越しになられたときはビルの外でお待ちいただきます。
ご了承ください。


JR 藤沢駅下車徒歩3分、南口側 リエール内を通り、3COINS店左折陸橋を渡りフジサワ名店ビル2F へ直結、イベントホールはエレベーター6階で降り、目の前エスカレーターの場合は、6階へ上がった先右折すぐ(地図 右方向大船、左方向辻堂)

アオバトの展示会のお知らせ



 定例高麗山探鳥会やBINOS 研究発表会でおなじみの「こまたん」が発表してきたアオバト調査に関する内容が分かりやすく掲示されています。
他にはアオバトの羽の標本、絵画、写真などが展示されています。

 7 月15 日~ 9 月3 日(日)
大磯町 郷土資料館にて
℡ 0463-61-4700 入館料 無料
開館時間 9 時~ 17 時(月曜日休館) 

ワイルドバード・カレンダー2018 大口注文受付開始!







 日本野鳥の会が製作した野鳥カレンダーの大口注文を受付ます。贈答品としても喜ばれているカレンダーです。今回の販売から正規の販売価格とさせていただきます。大変心苦しいのですが、神奈川支部でも他支部同様の価格となりました。どうぞご理解くださいますようにお願いいたします。
25 部以上の大口申込の方は2割引きです。お友達同士まとめていただくとお買い得です。
お渡しは10 月中旬です。毎年お申し込みいただいている個人・団体様も同時に受付けます。ぜひ、この機会にお申し込みください。

1部 1,000円 (送料負担なし 締切8月28 日) 
お申し込みは支部事務所です。
PC アドレス:wbsj-kanagawashibuアットマークchic.ocn.ne.jp
FAX:045-453-4301
住所・氏名・連絡先( 送付先)・注文数をご連絡ください。野鳥の会本部から直接ご希望の送付先へお送りいたします。代金は神奈川支部へお支払いいただきます。

2017年7月14日金曜日

野鳥絵画の寄贈


 子どもたちに野鳥に親しむ機会を持ってもらおうと
県内の小・中・高等学校に野鳥風景の絵画の寄贈が始まりました。
これは神奈川支部が会員の方から大口の寄付を受けたことによる
記念事業の一環で既に4校に届けられました。

光明学園 

七沢希望の丘小学校

寄贈された複製画

                作 東郷なりさ

2017年2月21日火曜日

自然保護大賞「カナダガン調査グループ」が受賞


 日本自然保護協会の自然保護大賞を日本野鳥の会神奈川支部も参加した「カナダガン調査グループ」が受賞し2月19日に授賞式が行われました。
特定外来生物の生態系からの排除の成功に関してが認められました。